『女 体拷問人グレタ』

Director: 
Jess Franco

カルトムービー監督のジェス・フランコは、1975年から1978年にかけてスイス人プロデューサーのエルウィン・C・ディートリッヒ(Erwin C. Dietrich)とタッグを組み、多数のエクスプロイテーション映画を製作。クラウス・キンスキー出演の『Jack the Ripper』(『柔肌』)や『Love Letters of a Portuguese Nun』(『マリア/尼僧の匂ひ』)など、その他にも女囚を扱った映画を多数手がけている。中でも注目すべきは、本作『女体拷問人グレタ』。 WIP映画(Women in prison)を代表する“イルザ・シリーズ“のヒロインであり、セクスプロイテーションのアイコンこと、ダイアン・ソーンが、性の乱れた収容所の残忍な女所長を演じる。過激で常軌を逸したこの作品は、フランコ監督の俳優としての才能も鑑賞できるほか、惜しくも2月15日にこの世を去った、監督の妻でありミューズ、女優リナ・ロメイへのオマージュとなることだろう。

Kind: 
Long film
Genre: 
フィクション
Date of release: 
1977
Original Language: 
英語(日本語字幕)
Country: 
Germany
Switzerland
Lenght (in minutes): 
95min
Production support: 
DVD