フランシスコ・メイリニオ

ローザンヌ在住。1994年より活動を開始し、2009年までは Phroq 名義で活動。プログラムされた素材の音とそこに内在する固有の不具合との間に生じる緊張感を探求。予期せずに録音されたもの - 例えばサウンドシステムの寿命がきた時の音やホワイトノイズ - そしてその技術的な音が壊れる時、それがいかに美しく興味深い響きを持ち得るかという事に注目する。彼の作品は、主にラップトップ、磁場センサー、圧電式マイクロフォン、また様々なアコースティックな装置を使用し、純粋なノイズの炸裂に特徴付けられる、精密な一部始終と物理的な緊張感、その音への魅惑を表現している。アーティストとしての活動を始めた初期よりヨーロッパ、日本、北米などのフェスティバルで 100 を超えるパフォーマンスを行っている。またライブ、スタジオを問わず、国際的に多くのアーティストとも共演している。