シンプフルク-グループ (Schimpfluch-Gruppe)

ステータスメッセージ

  • Error Embeding SoundCloud Media code(404) : Not Found
  • Please check sharing permissions

シンプフルク-グループ (Schimpfluch-Gruppe)

ルドルフ・エバーデイヴ・フィリップス

 

 

シンプフルク - Schimpfluch (ドイツ語での「虐待」の意味ではない) は、「psycho-physical tests and trainings - 心理的身体的実験と探求」というテーマを基にした雑音派パフォーマンスで、主にルドルフ・エバー、ジョーク・ランツ、デイヴ・フィリップスによって構成される。
ルンツェルシティルン&グルゲルシュトックとして活動するルドルフ・エバーは、1986年12月、シンプフルクを立ち上げ、音響アート、アクショニズム、雑音派、パフォーマンス、ミュージック・コンクレート、絵画、インスタレーションなど盛り込んだ「psycho-physical tests and trainings - 心理的身体的実験と探求」という名のコンセプトを創り出した。セラピーのように実験的で、精神と肉体の動きと反応、そして(演者と観客両者の)感覚と体感。この過激で危ういスタイルは、意識を刺激し感情の発作を解き放つ手段となり、隠れた患部、最高の慈善的精神、絶対的に生まれ持った環境意識、そこからの高揚と、威厳を求める急進的な社会・文化批判にヒントを得た、論争のカタルシスの様相をも呈する。
非常にユニークな編集技術、音になったウィーンアクショニズムとも噂されるような、厳密且つ有機的に構成される一連の作品もさることながら、武道の攻撃パターンのような、音と音との間に描かれる静寂が最高潮の緊張を生み出すエバーのパフォーマンスは、メインストリームではないながらも多くの注目を集めてきた。
dpとして知られるデイヴ・フィリップスは、短期間(1986-1988)ではあるが非常に影響力のあった、スイスの激烈グラインドコアバンド「Fear Of God」のメインメンバーとして活躍した後、1991年にシンプフルクのメンバーに加わった。
1987年より始まった彼のソロ活動では、厳密に構成されたコンテキストの中で、声を中心とした音声、フィールドレコーディングや痛烈で「コンクレート」な音を使い、人間の習性を、本能や感情といった生きるうえでの基本的な側面に回帰させることを希求し根源を求め野生を解放 -ありふれた自由を求めて人工的なあらゆる物、制約や価値をただ投げ捨てたいという欲望とは全く別の解放- する、ヒューマンアニマリスティックなパフォーマンスが繰り広げられる。
元々パンク/ポリティックな背景を持つフィリップスは、現代社会への疑問を描き出し、それを変えていくことへの叫びを、個人的で親密なコミュニケーションの中に表現する。
同時に彼は、OHNE(トム・スミス/TLASILA、ダニエル・ロウエンバック/ライオン橋、レト・マデラー/rm74)のメンバーでもあり、2004年にはワンマンバンド「デッド・ペナイ/dead peni」を立ち上げ、ランディ・H・Y・ヨー、ジョン・ワイズ、マゾンナ/Masonna らともコラボレートしている。

エバー、ランツそしてデイヴ。多くのツアーと数え切れないリリースを行っている彼らが、シンプフルクとして活動しているということはあまり知られていない。

ルドルフ・エバー


ルドルフ・エバーの映像芸術は、サイコ・アコースティックの試行錯誤に対する映像的解釈といえるだろう。視覚に訴えかけるノイズ。ルイス・ブニュエル「アンダルシアの犬」における剃刀で切られる眼球。エバーは申し分のない複合芸術家であり、解剖学者、武術の師範、そして目に見えないいモノを視覚化するいわば錬金術師。彼の作品に、ウィーン・アクショニズムの影響が見られるのは、オーストリアの血を引く彼の遺伝子の生せる業だろうか。時に、アントナン・アルトーの残酷劇を想起させる彼の絵、デッサン、写真、コンピューターで加工された作品等は、いかなる手法がとられようとも、洗練と外科手術のような正確さを以って、セクシーでアグレッシヴ、容赦なく、不穏で過激である。絵画、写真など彼の作品は、観る者に対して叫び、嘔吐する、病弱な諧謔の夢のようだ。

 

 

デイヴ・フィリップス


FEAR OF GODSchimpfluch-Gruppedead peni、心理音響、humanimalismbruitism、音声、身体、ミュージックコンクレート、作曲、フィールドレコーディング、パンク、メタル、D.I.Y150 作品以上のリリースと 30 カ国 400 以上にのぼるコンサート、国際的なアンダーグラウンドシーンで 20 年以上も活動を続けているデイヴ・フィリップス。19861988年にかけて、彼はスイスにおけるグラインドコア黎明期の始祖的バンド Fear Of God のベースプレイヤーとして知られている。Fear of God のコンピレーションアルバム「The End of Fear of God」には、Merzbow、マイク・パットン、山塚アイ、ケヴィン・ドラム、Kid 606Voice Crack、ジム・オルークなど、国際的に活躍するアーティスト達が参加している。また同時に、彼の個人名義での活動として、主に即興とアコースティック的アプローチによる作品作りを開始。90年代の初めには、チューリッヒの実験ラジオ放送「Psychic Rally」に参加。the Sudden Infant のジョーク・ランツとのコラボレーション、映画やダンス音楽の作曲も手掛けている。また、これまでに、レーベル Tochnit Aleph との共同企画 the Schimpfluch-Gruppenoise collective 等でも活躍。彼の最新の作品は、狂気的音のインパクトと静寂さとの突出したコントラストが特徴的である。