ライヴonシネマ

Cine-performances

Since its beginnings, cinema moves from town to town, from faire to faire as a spectacle always renewed. Spectacle of image projection against a wall and illusion of representation of the world, mute spectacle escorted of an original music score improvised live but also spectacle of the performance of a projector operator hidden in the back.

 

This program of cine-performances revives with this first era of cinema by inviting musicians to interpret the running of early cinema found footage or by putting forward the screening performance at the center of a live process of cinematographic creation. At the era where cinema is dying, let’s experience cinema as a unique live act.

CINE-NOISE

独創的なライブ音楽と、プロジェクターそのもの(テープ・ループ、映写機から出るノイズと映像認識変換ソフトなど)を音源にした独特の音響を、綿密に組み立て編み上げられる CINE-NOISE のパフォーマンス。CINE-NOISE は映像世界とも密にリンクしながら、エクスペリメンタルシーンで活躍する様々なアーティストたちとのコラボレーションを精力的に行っている。今回、ヨーロッパを超えた初のパフォーマンスとして、日本のアーティストたちとのコラボレーションが実現する。

Sachiko M

サンプラーに内蔵されているテスト・トーン用のサインウェイヴと、スイッチノイズを用いた極端なまでにシンプルでミニマリスティックなサウンドと、潔いまでに徹底した音楽に対する姿勢で世界的な注目を集める孤高の即興演奏家。

『The Magic of Decay... Decay of the Magic』

火, 03/27/2012 - 5:52午後